--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
02.07

赤巻紙、青巻紙、黄レンジャー。

Category: バトン
後でやろう…と思ってたら気付いたら結構日にち経ってたとかいう罠。
ここでまた後で、にすると更に忘却の彼方になりかねないのでさくっといっとこうかと思いました。

竜胆梓さんからです。
【レンジャーバトン】 ~黄レンジャー・むぅ~とかいう輩~

黄色…黄色…カレー好きの黄色か!ww身内以外で言われるのは初めてだゾ!(本当にそういう意味か分からないだろうが…(セルフツッコミ))


身長は?
→そこそこ。真ん中よりちょっと後ろくらい。一応160はあるらしい。

髪型は?
→基本長い。うざくなるとばっさり切って、また伸ばし、上げる。

好きな髪型は?
→基本まとまってる感じ。昔からおかんが髪下ろしてると嫌がっていたので上げるようになったのが定着したらしい。今では自分も下ろしてるのが嫌になった。楽っちゃ楽なんだけどな、鬱陶しいねん。だったら何で伸ばすんだと言われたら、思いっきり切って、中途半端に伸びた状態になるのが嫌なので、だったら最初からまとめられる長さをキープした方がいいんじゃね?ってことでそうなってるらしい。

目について
→何故かほめられた過去があるが、言われた方はあぁそうですかとしか言えず、未だに何がよかったのかよく理解できてない。視力低下を食い止めるのに必死。

誰かに似てる?
→産まれたときはキモいほどおとんに似てたらしい。…そういうことじゃない?それ以外何も言われたことないですよ。

一日で好きな時間は?
→起きなきゃいけない時間より早く目覚めたときの余裕ぶっこいていられる時間。そして寝入る前の時間。ともに妄想時間だから、とか(え)。

自分はどんな風に見られてる?
→ぐうたら。人数多いとしゃべらないくせに1対1になると途端にしゃべり出す輩。

送り主の第一印象は?
→きびきびしとるお人やなぁ…。

送り主の事は好き?
→結構。話しやすくてびっくりした覚えが。

送り主との出会いは?
→幻想の樹海Ⅲですかね。なんとなーくこの人はもしや…と思っていたが、確証がないので黙ってました。Ⅳでポケモン話を種に色々だべってました。おいここ世界樹オンリーやろwってツッコミは野暮なのでなしで(えー)。だって周りもドラクエ9のすれちがいやってたしw

送り主の事はどう思う?
→上にも書いてますが、芯が通っててしっかりした人だなぁと。個人的に創作小説が気になるところですが(えっ)。

送り主を動物に例えると?
→己のプライドに生きるもの。猫さんで。

恋はしてますか?
→したい。

その人はどんな人?
→いねぇっての。

バトンを回す人を指名。指名されたレンジャー名をタイトルに書く事。アンカー、フリーなし。

















→もう、ゴールしてもいいよね…?超個人的に師匠に振ってみたかったが、更新できないと言ってたからなぁ。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2010
01.11

センスをください

Category: バトン
「年末に買っといたホタテ使い忘れちゃって~」
そんなわけで夕食はホタテ丼でした。…ホタテ、嫌いなんですけど。こんばんは。
むしろ貝類全般的に好きじゃない。もふもふ食べられるのはバター焼きくらいなもんかね。

生田凛祥さん家からバトン来ました。…うわめっさ久々やな。てか世の中的にまだバトンて流行ってんのかなぁと考えてしまった。
因みに見た瞬間マニアックだなぁと呟いたのは内緒(←言ってる)。


【デザイン教えてくださいバトン】
指定→瑚彗

まさかそこにくるなんて誰もおm(ダマレ)

1、【瑚彗】のテーマカラー、眼の色、髪の色、その他特徴的な外見があれば教えてください。
→テーマカラー!?…ないな、そんなもん(え)。眼の色は濃い灰色、髪は紫と白のメッシュですね。
 干支の丑を元にしてるので耳とか尻尾とか角とかあります。…牛の角はあんなんじゃないと今更気付いた。

2、【瑚彗】の年齢、身長、体重、体格など教えてください。
→見た目は12、3歳くらい。戦場に身を置いていた過去があるので、それなりにしまった身体してると思われます。

3、【瑚彗】を描く上で「ここの特徴押えると【瑚彗】っぽく見える!」というポイントがあれば教えてください。
→服、かな…(え)。あとはどこか物言いたそうな目つきとか。

4、【瑚彗】のパーツごとの特徴がありましたら教えてください。
→頭:びんびん跳ねる髪からちょいと角と耳が覗く。前髪は左目の上が分け目。
 顔:左目に引っかき傷あり。目は傷ついてない。
 服:後述してますが、腰の辺り左右に一対の鈴。

5、【瑚彗】の衣装デザインについて語ってください。

→右上の方にも書いてますが、基本はDQⅢの僧侶の服、と言うと分かる人には分かると思いますw
 この絵は短くなってしまってますが、本来は上着の裾もうちょっと長いです。
 ベルトは使用してません。あくまで左右をリボンで結んでるだけ。中は深めの丸襟シャツ。

6、【瑚彗】の持つアイテム、武器、小物等ありましたら語ってください。
→これといってなし。魔法士なんで武器ナイヨー。

7、【瑚彗】を描く上で意識してることは何ですか?
→頭のバランスが崩れないようにすること。…お前の絵全部だろそれ。

8、【瑚彗】というキャラ、及びそのデザインができるまでの経緯、初期からの変化等を語ってください。
→干支っ子の1匹です。ウチの干支っ子は基本的にオフラインの年賀状描きながら考えるので、彼もそんな経緯で生まれました。デザインは完全にその時のインスピレーション。なんとなく片目に傷をつけた時点で、
 過去の傷
 ↓
 戦の古傷
 ↓
 実は他にも何か傷がある
 ↓
 声帯痛めた
 ↓
 しゃべれない という設定ができました。魔法士として徴兵されてた時は圧倒的な魔力で恐れられていたけど、本当は優しい子。

9、「【瑚彗】を描いてみよう!!描いていいですか!?」という方が今画面の前にいる!!
  と仮定して、何かメッセージをお伝えください!
→えぇぇぇぇぇぇええっ!?マジですか!??あわあわ、ありがとうございます、お礼に誰か描かせてください!

10、デザインが知りたい方に、お一人つき1キャラずつ回してください
→どうしても下半身が気になります(え)。Ver氏宅、レートフェティ。
Comment:0  Trackback:0
2009
11.07

結局我慢できなかったらしいです(え)

Category: バトン
小学校の転校生にもらい、以来10+X年(年がばれるので詳細は割愛)使い続けてたシャーペンが突如壊れました。…えぇぇぇぇぇっ!?
まぁ、瞬間接着剤あるから直せないことはないんだろうけど、技術が伴うかどうか…orz
こんばんは。
先日、なんだかんだいってた某所からのバトンですが、多分世界樹ってことでいいんだろうなという自己判断の下答えさせていただこうかな、と。親馬鹿プレイはこういう時困るんだぜ(笑)。


葛原彗哉さんからいただきました。
指定付きバトン(名称不明)だって書いてないんだもんw
指定『スコラ』

□■注意■□
指定者以外は絶対やらないで下さい。
いつ回ってくるかのバトンなんで!

□■ルール■□
回してくれた人から貰った『指定』を『』に入れて答える事


1.最近思う『スコラ』
→可愛くて可愛くてたまりません。何ですかあの2の見返りポーズはっっ。「エトリアでは最強だったのに…」なんて言われようが外す気は全くありません。通称が「地味子」だという事実を知ったときのショックといったら!

2.こんな『スコラ』には感動
→「試しにガンナー入れてみよう!」なーんて無謀な話をリーダー(幼馴染み)にふっかけられ、他の面子が後衛オンリー(アルケ+メディ)なため前衛に進み出る男らしさ!…いや、女の子だよww

3.直感的『スコラ』
→つんでれ。いや、違うwただその要素は十二分にありそうですが。完全ツッコミ型。彼女がいなければギルドLunarsは成り立ちません。いろんな意味で。

4.すきな『スコラ』
→なんだかんだ言いながらもリーダーを立て支援しているとこ。でも恋愛フラグは薄め?てかそういう自分設定とか抜きにしてレンジャー好きです。えぇマジ本当に。

5.こんな『スコラ』は嫌だ
→男勝りがデフォなので、ぶりっことかは嫌だな…。

6.この世に『スコラ』がなかったら…
→誰もパープルを止められる人がいません。笑。

7.次に回す人。6人(『指定』つきで)
→あんかー。

8.指定した人の名前をタイトルにする
→スルー。


で、悩んだ理由なんですが、何故か世界樹だとかセブンスだとか、そういうイベントの場なのに月降夜話を振ることが多いため(すいませんすいません)、話題の頻度的にそっちのスコラの方ばっか出てたのです。だから、もしかしたら~な気がしてたということで。
なので、もしそっちだったら的なシロモノを下に置いておきます。
むしろそれが書きたかったんだろとか思っても突っ込まないように。むしろそう(待て)続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2009
07.19

今更であれなんですが

Category: バトン
帰りがけに友人(兼師匠)に、よくそんなに話考えられるものだと言われ、そういえばそのうち、と思ってそのままになってたよ!と思い出して今更バトン答えてみるのです。。
ごめんよりゅ~。。見てるかどうか分からんけど。

てなわけで赤竜牙さん家からです。

【創作世界バトン】

1、創作世界(未公開、思案中含む)を幾つぐらい持ってますか?
→基本的に一つの話に一つの世界があるので、無数としか(←数えろよ)。
 …と思ったらそうでもなかった。今ふと頭に浮かぶのは六つ。「Welcome!」を入れてもいいのなら七。

2、世界観(現代、SF、ファンタジー等)はどんなモノが多い(好き)ですか?
→がっつり異世界ファンタジー。やりたい放題できるから。

3、現在、創作世界で特に気に入っている三世界を理由と共に簡単に紹介して下さい。
→三!?なんて微妙な…いやいやげっふん。

 *大陸「フロアオーキッダ」・「フレイヤード」
 →「月の降る夜に」「Little egg(未公開)」の世界。旧くからの伝承が息づく魔法世界。なんだかんだいって付き合いが長いので(それだけかい)。実は軽く年表作れる程度まで考えてたりする。

 *妖物界
 →「妖の詩」の世界。けもみみ万歳(待て)の精霊信仰。これまた付き合いが長い(またかよ)。そしてこれまた歴史が黒い(?)のだけどあまり言うとネタバレになるので自粛。

 *小田市・藍杜町
 →「Encount!」「便利屋(オフライン)」の世界。ていうかぶっちゃけ現実世界。だって説明が全く要らない(ちょっと待て)。まぁ、その代わり調べなきゃいけないことも多々ありますけどネ。

4、選んだ三世界からお気に入りキャラクターを何人か選んで、お気に入りな理由をどうぞ。
→選んだとこから、ですか…ちぇっ、箱舟入れときゃよk(滅)
 月:言うまでもなくスコラさん。
 妖:ちらっとしか出てないみるさん。
 現:意外と愛してもらえてる綾ちゃん。

 理由は語りだしたらきりない上に前出のような気がするので割愛で(え)。
 それ以上にうっかりネタバレ口走りそうな気がするので。(爆)

5、コレからも世界は増えそうですか?
→1でも言った通り、基本話一つに世界一つ(例外はあるけど)なので、何か考えるたびに増殖するのではないかと。

6、最後に世界の数か、または六人の方にバトンを回して下さい。
→あんかー。
Comment:2  Trackback:0
2009
05.03

打ち返されました。

Category: バトン
因果応報、というやつだね。こんばんは。
今日は何ら書くようなことがなかったので、さくさくバトン回答行きますねー。
…ていうか、今回未だかつてないほど何も降りてこない修羅場なのだが。ここまでネタ出ないと笑いも出てくるわーくらいに。なので、無料配布の何かしらでも置けたら御の字。マジで。
せっかくの5月拡大なのにorz

「オリキャラ恋人バトン」

ルール
・オリジナルキャラが対象のバトン。
 版権キャラ×オリジナルキャラなどはOK。
・たとえ恋人でなくとも恋人だと思って回答して下さい。
・ノーマルだろうがBLだろうが、そこはご自由にどうぞ。



指定 :紫の人と若草の人

01.お名前を教えて下さい
紫「紫でーす♪」
草「…若草、だ。」
紫「あれ、乗るんだ?」
草「そうしないとXXXなことになると言われたから仕方なく。」
紫「ちょっ、何その月にわにあるまじき伏字はっ!?」
草「知るか。」
紫「知らないのかよ!じゃぁきっと作者の悪ふざけなだけだな。話が通じない人いるかもしんねぇから普通にいこう。改めて!世の中のおねぇちゃんの味方!パープルだぜっ♪」
草「それのどこが普通なんだっ!」
紫「ほらほら、自己紹介。」
草「~~~~~っ……スコラ、だ。」
紫「因みに紫と若草はオレらの髪の色な。スコラくんのは正確には薄若草色だけど。」
草「だからそこまで言う必要あるのか?」

02.お二人が出会ったきっかけなど
紫「師匠が拾ってきた。」
草「お前もそうだろ。」
紫「あぁ。師匠の家で一緒に育ってきた幼馴染みってヤツだな。」
草「腐れ縁、というヤツだ。」
紫「え~、むしろ運命ぽくねぇ?」
草「何でそうなる!?」
紫「だったらその腐れ縁って言い方やめろよ。」
草「てめぇなんか腐れ縁で充分だろ。」
紫「酷っ!スコラくんのいけずぅ~。」
草「キモいからやめろっ!」

03.相手のどこが好きですか?
紫「『どこが好きですか?』」
草「…何だその目は。」
紫「いやぁ~いい質問だと思って。なぁスコラくん?」
草「だから何が言いたいんだよてめぇは!」
紫「因みにオレはなんだかんだいってオレのわがままに付き合ってくれるところがありがたいと思ってるけどな。」
草「ま、ほっとくわけにもいかないからな。ふざけてても1本筋が通ってるなら無碍にすることはない。」
紫「あとはぜんぶ」
草「何?」
紫「や、なんでも♪」

04.デートしたことは?
紫「あー実は」
(SE:勢いよく蹴り飛ばされる音)
草「うむ。何も聞こえなかった、と。」

05.ではキスしたことは?
紫「あー実は」
(SE:勢いよく蹴り飛ばされる音)
草「うむ。何も聞こえなかった、と。」
紫「実は昔に1度だけ。」
草「ってぇ!てめぇどこから生えてきたっ!?」
紫「ふっ甘いなスコラ。同じ蹴りをそう何度も食らうと思うのか?」
草「くっ…(何でよりによってこっちの話で)」
紫「…いい時代だったよな。あの頃は…(ちらり)」
草「勝手にトリップしてろ。」

06.相手がもし浮気したりしたらどうしますか?
紫「させないから。」
草「何だその自信たっぷりな台詞は!」
紫「ていうかそもそもスコラが男の格好してる限り声かけてくるヤツなんかほとんどいねぇしな。」
草「それだけの話か。」
紫「(…男の格好してる限りは、だけどな。)でー?スコラくんはどうすんの?」
草「仮定として成り立ってない。てめぇは現実問題として女の尻追っかけてばっかだろうが。」

07.今この場で相手に向かって好きだと言って下さい
紫「えっ!?」
草「何!?」
紫「あ、いやなんでも。えっと、好きだよスカー…もがっ!!」
草「何 か 言 っ た か ?」
紫「……好きだぜスコラ…。」
草「あぁ、てめぇのことはそう嫌いじゃない。」
紫「何その微妙なの?」
草「だから、嫌いじゃない。」

08.お疲れ様でした。次の人へバトンを回して下さい
なんかそこはかとなく拒絶オーラを感じたのでこれ以上打ち返すのはやめときます。
てんちょーのチョフおkゲホッ!…もとい、Ver氏宅の深山と天道で。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。